TOP

....


あらすじ

映画いつくしみふかき/あらすじ


息子「父は私を二度捨てた。」

「父親」の定義は知っている。しかし私の家庭においてそれは空想上の生き物であり、私の人生において決して交わることのないものだった。
母と二人の食卓、母と歩いた畦道、干し柿を収穫する母の後ろ姿。
たくさんの思い出達の中に父の面影は何一つない。
大人になった今、母と私の間で「父」の存在は確実に腫れ物になっていた。私は父親の情報を消去した。
そして今、この教会で目の前に座っている男は誰なんだ?

父親「私は息子を二度捨てた。」

30年前、私はただ逃げた。
すべてを捨てて、その存在を放棄した。罪悪感もなければ、後悔をしたことも一度もない。
そして今、この教会で目の前に立っている男は誰なんだ?
これは長野県飯田市を舞台にした「血」のつながり以外何も無い父子の物語です。
詐欺師を生業とする父と、「片親」という事をどこか言い訳にして、堕落しきった生活を送る息子が、
お互いに関わり合いを持たないように、否定しあいながら、
しかしそれぞれの「今」を断ち切るべく、
二人で不動産屋を立ち上げるために奮闘していきます。



映画「いつくしみふかき」実行委員会
since 2016
http://www.itukusimifukaki.com
Copyright © 2016 映画「いつくしみふかき」
実行委員会 All Rights Reserved.